2018年6月18日月曜日

無期転換ルール開始 雇用安定化に期待


みなさんこんにちは!ウーマンズワークスタイル編集室です。
梅雨真っ盛りですね。雨の毎日で気分も落ち込みがちですが雨の日だからこそできることもあると思います。外に出られないそんな日はウーマンズワークスタイルで求人を探してみてはいかがでしょうか。
さて、本日ご紹介する記事は労働契約法の「無期転換ルール」についてです。何だか難しそうな言葉ですね。どんな制度で、どんな期待がもてるのか。早速記事を見ていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

有期雇用契約の労働者が同じ企業で通算5年を超えて働けば、期間の定めのない契約へ移行できる労働契約法の「無期転換ルール」が1日始まった。要件を満たす労働者が勤務先に申請すれば適用される。有期労働者の雇用安定化が期待されるが、契約更新年数に上限を設けるなど、適用逃れが疑われる企業も既に現れている。厚生労働省は、制度の趣旨に沿った対応を呼びかけている。
共同通信が2~3月、主要企業112社を対象に実施したアンケートでは、1日に始まった無期転換ルールへの対応について約3分の2の企業が「通算5年を超えた有期契約社員からの申請があれば無期雇用に転換する」と回答。約20社は「5年未満でも無期契約にできる制度を導入する」と答えた。大手ではルールが目指す有期労働者の雇用安定に向けた対策が一定程度、進んでいる。
ただ無期契約に移行した労働者の賃金や休暇などの労働条件は約60社が「変更しない」としており、正社員との格差是正には課題が残る。中には「正社員の制度に準拠」「社員と同様に、急用扶助や欠勤控除の適用対象とする」などと、正社員の待遇に合わせて改善する企業もあった。
下野新聞掲載
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたでしょうか「無期転換ルール」。我々労働者にとっては契約の更新の事を考えずに安心して働けるようになる魅力的な制度ですね。一方、労働者の為の無期転換ルールではあるのですが、あらかじめ契約時に5年を超えないように定め、ルール適用を免れようとするケースも出ているようですね。まだまだ新しい制度で課題も残っているのでしょうが、今後労働者の為の制度として社会に根付いていって欲しいですね。
今回はこのあたりで失礼いたします。また次回の更新でお会い致しましょう!

2018年5月14日月曜日

体育会学生に企業再注目~目標への努力評価~


こんにちは!ウーマンズスタイル編集室です。
5月も中旬になり汗ばむ日が多くなってきましたね。私は体を動かすことが好きなので暑すぎないこの季節は大好きです。
今回ご紹介するお役立ち情報は就活において体育会系が注目されているという記事です。
みなさん学生の時は部活やサークルなどで運動していましたか?現在、企業からいわゆる体育会系はどの様に注目されているのでしょうか。さっそく記事を見ていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新卒学生の採用活動で、体育会に所属している学生があらためて注目されている。就職活動の解禁時期が部活動の練習期間と重なり、学生は両立に苦労するが、体力面に加え、目標を定めて努力する習慣などが評価されている。打たれ弱い若手も目立つ中、体育会学生だけを集めた合同説明会が開かれ、新たに採用を始める企業もある。
「目標に向け、仲間と励まし合いながら競い合った。体育会ならではの経験を評価された」という声も。目標を意識して厳しい練習を重ねる今期や計画性はそのまま仕事に役立つ。
「多少のことには動じない頑丈さを持つ若者は少ない」こともあり注目度は高い。

下野新聞より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたでしょうか。
運動に対する目標達成の意識と仕事に対する目標達成の意識は確かに似ているかもしれませんね。新卒の方だけでなく既卒の方も当然運動をしていたという経験はアピールポイントなると思います。いままで運動してこなかった方もこの機会に何か体を動かす習慣を1つ身につけてみてはいかがでしょうか。体にも心にも嬉しい運動でさらに企業にも良い印象をもたれるなんて1石3鳥ですね!
それでは今週はこのあたりで失礼致します。また来週お会い致しましょう!

2018年5月7日月曜日

グローバル人材登用は途上段階 雇用・予定あり18%のみ


みなさんこんにちは!ウーマンズワークスタイル編集しつです。
早くも5月です。GWも終わりお仕事もはじまりましたね!新しい生活をスタートした人も良いサイクルができてきたのではないでしょうか。
さて、今回ご紹介するのは国際的な人材の登用についてです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
グローバル人材を現在雇用し、今後も採用を予定する県内企業は185パーセントにとどまることが2日までに、県国際課の調べで分かった。現在雇用しておらず採用予定もない企業が645パーセントと、多数派を占め、国際的な人材の登用は途上段階にあるようだ。
調査は県内に事業所がある1千社に実施した2017年度件国際経済交流調査。海外留学経験のある日本人や県内大学などに在籍する外国人留学生らグローバル人材の雇用に関する設問は初めてで、グローバル人材の活用推進に向け、基礎資料にするのが目的。
グローバル人材の雇用状況・採用予定の問いには498社が回答した。「雇用せず」が645パーセントで最も多く、「雇用し、採用予定あり」は185%だった。
グローバル人材を雇用中、または採用予定の企業が挙げた採用での課題については、170社が回答した。最多は「日本語能力に不安がある」、ついで「長期雇用が望めない」「採用したい能力・資質を持った人材が見つからない」と続いた。
県の担当者は「グローバル人材の人物像が企業に伝わっていないのかもしれない、伝える場・機会が必要だ」と話した。

下野新聞掲載
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いかがでしたでしょうか。国際的な職場ってどこか魅力的ですよね。グローバルな人材の確保も今後の少子高齢化の日本にはとても重要なことだと思います。今後は国際的な人材の登用も増えていくかもしれませんね。
今週はこのあたりで失礼します。またお会い致しましょう!

2018年4月23日月曜日

19年卒、人気企業 首位はあの会社


皆さんこんにちは!ウーマンズワークスタイル編集室です。
4月も最後の週になりましたね。新年度が始まって新しい生活がスタートした方も多いのではないでしょうか。新入社員の方が入社されると職場の空気もどこかフレッシュなものになりますよね。
今回ご紹介するのは新卒の方に人気の会社についてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット大手の楽天が発表した2019年卒業予定の大学生・大学院生の就職人気企業ランキングによると、全日本空輸が首位、日本航空が4位となり、航空業界の強さが際立った。2位は伊藤忠商事、花王が3位だった。
食品などのメーカーへの関心も高く、味の素が5位、アサヒビールが6位と上位に入った。楽天の担当者は「消費者にわかりやすい商品を提供している企業が人気」と分析。「早くからインターシップなどに取り組んでいる企業の認知度も高い」と指摘した。
働き方改革が注目される中、違法残業事件で揺れた電通が7位。根強い人気を誇った銀行が47位になったのが最高と苦戦した。

下野新聞より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたでしょうか。
皆さん昔なりたい職業ってなんでしたか?なかなか自分のやりたい仕事に就くのは難しいものですよね。
現在ウーマンズワークスタイルのサイトでは様々なお仕事が掲載されています。
やりたかった仕事、就きたかった業種が見つかるかもしれません。
この機会にもう一度求人情報に目を通してみませんか。
それでは今週はこのあたりで失礼致します。それではまた来週お会いいたしましょう。

2018年4月9日月曜日

働き方改革法案、閣議決定。 残業時間に上限や処遇改善など


みなさんこんにちは!ウーマンズワークスタイル編集室です。
4月も2週目に入り暖かい日もあれば、いよいよ汗ばむ日もでてきましたね。逆に夜は肌寒かったりして体調を崩しやすい季節でもあります。みなさんは体調管理万全でしょうか。
さて今回のお話はいよいよ本格的な動きが出てきた「働き方改革」についてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

政府は6日、働き方改革関連法案を閣議決定した。長時間労働を是正する残業規制や、非正規労働者の処遇改善などを盛り込み、今国会の最重要政策と位置付けている。労働時間規制の対象とならない「高度プロフェッショナル制度」の創設に反対する野党側は対決姿勢を強めており、政府、与党が目指す6月20日の今国会会期末までの成立が実現するかは不透明だ。裁量労働制の適用業種拡大は削除された。

 菅義偉官房長官は記者会見で、高度プロフェッショナル制度について「対象は一部の専門職で、本人が同意する場合に限定している。全く問題ない」と表明。加藤勝信厚生労働相は閣議後「今国会で成立するように、最大限努力したい」と述べた。

 労働基準法や労働契約法、労働安全衛生法など8本の改正案で構成される。目玉となる時間外労働(残業)の上限は「原則月45時間かつ年360時間」と明記した。繁忙期などの特例でも月100時間未満、2~6カ月平均で80時間以内、年720時間までとし、違反した企業側に罰則を科す。

 非正規労働者については、正社員との不合理な格差をなくすため「同一労働同一賃金」という考え方を導入。労使交渉の指針を策定し、賃金や休暇の取得などの処遇改善を進める。

 与野党対決の焦点となるのが、高収入の一部専門職を労働時間規制や残業代支払いの対象から外す高度プロフェッショナル制度創設だ。野党は「長時間労働を助長し、対象業種も不明確だ」と厳しく批判する。希望の党と民進党は共同で、立憲民主党は独自に対案を国会提出する構え。

 法案では、時間外労働の上限規制は大企業が2019年4月、中小企業が20年4月から適用。同一労働同一賃金は大企業と派遣事業者が20年4月、派遣を除く中小企業は21年4月から適用する。

http://www.sankeibiz.jp/econome/lists/work-n.htm より引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか!?昨年あたりからかなり話題になっている働き方改革。今国会での最重要議題の一つになっているようです。620日の今国会会期末までの成立が実現するかはまだまだわからない状態です。この政策が実現した時、私たちの生活はどうかわるのでしょうか。いきなりは変わらないかもしれません。しかし、議論が進むことで少しずつ働きやすい社会が近づいてきているようにも感じます。
さて今週はこんなところで失礼致します。また来週お会い致しましょう!

2018年4月2日月曜日

従業員一人ひとりが自分事と捉え、いきいきと働ける職場作り 役員自ら「働き方改革宣言」


こんにちは!ウーマンズワークスタイル編集室です。皆様はもうお花見に行きましたか?
私は地元宇都宮の八幡山公園の桜が好きで毎年お花見に行きます。今年は暖かくて開花も早いみたいです。皆様も早い時期にお花見に行ってみてはいかがでしょうか!?
さて、今回ご紹介する記事は何かと話題の働き方改革について!見てみましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事業環境の変化や多様なニーズへの対応を目的に、現在、多くの企業が「働き方改革」に取り組んでいる。一億総活躍社会を実現するための改革として、政府も後押しする中、日立システムズは従業員のエンゲージメントを向上させることを主眼に置き、さまざまな施策に力を入れている。

意識改革の取り組みの一つが、役員による「働き方改革」の宣言だ。働き方改革の実現やエンゲージメントの向上を実現するために、自身や社内チームにどういったアクションを起こすのかを自ら率先して宣言してもらい、その宣言を社内Webや主要拠点に設置してあるデジタルサイネージ、パソコン起動時のポップアップメッセージなどを活用することで、多くの従業員の目に触れるよう、情報を配信してきた。

「日立システムズには毎月さまざまなテーマに沿って課単位(約2000職場)で話し合いを実施する職場ミーティングがあります。その中でも役員の働き方改革宣言を受けて、従業員は『職場・個人で実施する働き方改革』をテーマに、普段ともに業務をしているメンバーと職場の課題などについて話し合い、解決の方法を考えて個人が行動するきっかけとしています」と、人事総務本部働き方改革プロジェクトの金森さつき部長代理は説明する。

http://www.sankeibiz.jp/econome/lists/work-n.htm より引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
働き方改革というと、最近は国会などの中継で良く耳にしますよね。少し遠いところでのお話のような感じがしますが、会社の経営者の方から働き方改革の話がでると、かなり現実味があるような気がします。働き方改革でみんながの仕事の質があがれば、経営者の方も嬉しいですよね。お互いにとって嬉しいことが多い働き方改革、少しずつでも社会に浸透していただきたいものです。
それでは今週はこのあたりで失礼します。また来週お会いいたしましょう!

2018年3月26日月曜日

大学生の就職内定率、91.2%で最高更新 7年連続の上昇、売り手市場続く


こんにちは!ウーマンズワークスタイル編集室です。
今週で3月も終わり、次週はいよいよ4月です。季節は完全に春になりましたね。
4月と言えば多くの新入社員の方が入社してきますね。学校生活も終わり新しい人生が始まります。
新入社員といえば大学生の就職活動は毎年話題になりますよね。
今回はそんな大学生の就職事情について見ていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文部科学、厚生労働両省は16日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日現在で昨年同時期と比べて0.6ポイント増の91.2%となり、この時期のデータがある2000年以降で最高を更新したと発表した。7年連続の上昇。

 文科省の担当者は「企業の業績が堅調に推移し、採用意欲が増している影響ではないか」としている。学生に有利な売り手市場が続いており、今後の調査で、過去最高だった昨春卒業の大学生の就職率97.6%(昨年4月1日時点)を上回るかが注目される。

 全国の国公私立大から62校を選び、各大学で調査対象の学生を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を算出。男女別では、男性が1.1ポイント増の89.9%、女性は増減なしの92.8%だった。

 地域別では、中部が93.0%で最も高く、関東92.4%、近畿92.2%、北海道・東北90.2%、九州89.0%、中国・四国84.0%の順だった。中国・四国のみ内定率が下がり、昨年から2.0ポイント減となった。

http://www.sankeibiz.jp/econome/lists/work-n.htm より引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたでしょうか。
全国的に見て大学生の就職率は上がってきているようですね。
大学生の就職率があがっているということは企業の業績が少しずつ上がってきており、人を雇ってさらに業績を上げて行こうという気持ちの表れでもあるようです。
大学生の求人だけではなく、企業の業績がよければ社会全体の求人も活性化されると思います。
ウーマンズワークスタイルでも様々な業種のお仕事をご紹介しております。
この機会にもう一度求人に目を通してみませんか。皆さんにピッタリの求人に出会えるかもしれません。
それでは今週はこのあたりで失礼致します。また来週の月曜日にお会い致しましょう!